ATTRACTIONS周辺観光スポット

HOME>ATTRACTIONS LIST
  • 松園別館

    松園別館

    松園別館北浜海岸の美崙溪の河口が直接視界に入ります。高台にあるため、美崙溪の河口、花蓮港、太平洋の景色や、南浜海上を出入りする船舶数、南機場の航空機の発着なども手に取るように見ることができます。生い茂る松林が大きな傘のように保護し、日本軍の花蓮での重要な軍事指揮センターとして使用されていました。

    距離は約3.1 キロ,運転約10 分
  • 吉安慶修院

    吉安慶修院

    慶修院舊名「真言宗吉野布教所」,布教所內供奉主神弘法大師空海、不動明王與毘沙門天王,所內直立高約2米的「光明真言百萬遍」石碑,以及請自日本四國的八十八尊神像。

    距離は約3.8 キロ,運転約11 分
  • 国立東華大学

    国立東華大学

    東華大学がある花蓮は清らかで美しい土地で、素朴さと人情あふれる土地柄です。大自然に育てられ、海と山が呼応する、小さな町に暮らす人々がゆったりと自由に生活しながら、様々な文化を持った人たちとの交流によって生まれる多様化された社会は、都会に長く住んでいる私たちをあるべき真実の自分に戻らせてくれる、新たな太陽が昇る東の土地なのです。

    距離は約13.3 キロ,運転約21 分
  • 七星潭風景区

    七星潭風景区

    七星潭は花蓮県唯一の県級風景区、ちょっと聞いたところでは星状の湖の地形が、初めから七星潭、きっとあの新月型の灣岸に惑わされ、「三日月の灣の七星潭は靑い砂利灣岸、灣岸の末端に従ってそびえる中央山脈そんな出会い、山海関画面に何人はこのために陶酔する。

    距離は約12.1 キロ,運転約22 分
  • 遠雄海洋公園

    遠雄海洋公園

    台湾の裏山と呼ばれる花蓮は、世界クラスの景観を持つ美しい宝です。世界のより多くの人がこの素晴らしい自然を享受できるよう、海を中心としたテーマでレジャー、エンターテインメント、養生、教育、環境保護、文化などの知性と感性の特徴を一つにして造られたのが、最高級の国際レジャーリゾートの水準を擁する花蓮遠雄海洋公園です。花蓮を起点に台湾におけるレジャーのクオリティを高め、現代人の自然保護と養生の新たなマイルストーンとなり、台湾という美しい島に大自然の息吹を残し、留まることなく永遠に進化を続ける最良のエピソードを残します。

    距離は約11.2 キロ,運転約19 分
  • 鯉魚潭

    鯉魚潭

    花蓮の寿豊にある鯉魚潭は花蓮地区最大の内陸湖です。その景色は特に魅力的で、地元の人と観光客がともによく知る静かな観光地です。花東縦谷国家風景区の最北端に位置し、木瓜渓と花蓮渓の支流によってできた堰止湖で、横にある山々の形が鯉に似ていることから山と湖の名が共につけられました。ここに伝えられている「鯉魚山にいる鯉は鯉魚潭の水を泳ぐ」という言葉が最も適切にそれを映し出しています。

    距離は約13.9 キロ,運転約24 分
  • 頼桑寿司屋

    頼桑寿司屋

    花蓮で高い人気を誇る日本料理店、頼桑寿司屋は台湾向けに改良された日本料理の店です。店内では台湾式の料理と日本料理、海鮮料理を提供しています。大胆な食材の使用と手頃な価格と味の良さで、数年のうちに地元を代表する日本料理店の一つとなりました。

    距離は約0.3 キロ,運転約1 分
  • 金三角商圈

    金三角商圈

    中山路、中正路、中華路から成る金三角商圏は花蓮市で最もにぎやかな繁華街です。周辺の「溝仔尾」、「一心街」、「光復街」、「大禹街」、「旧鉄道商圏」と結びついて形成された商業地区は東部地区の人々が最もよく買い物に訪れる場所の一つです。昼間に花蓮の美しい自然を楽しんだら、夜は「花蓮金三角商圏」を訪ねてみてください。

    距離は約1.1 キロ,運転約5 分
  • a-zone花蓮文化創意産業園区

    a-zone花蓮文化創意産業園区

    花蓮文化創意産業園区 a-zoneは花蓮市の中心に位置する、百年前に建てられた敷地3.3ヘクタールの歴史的集落です。ここの26棟の旧倉庫と優雅な園区は3年の間(2012~2015)に次々と整備・開放されました。このスペースには展覧、公演、飲食、特色商品、育成講座、旅行情報などがあります。文化芸術活動と商業サービスを通じて、文化創造の活力に満ちた現代的なライフスタイルが集まる場になると同時に、花東地方における最高の観光地になることも期待されています。

    距離は約0.9 キロ,運転約4 分
  • 花蓮遠東デパート

    花蓮遠東デパート

    花蓮遠東デパートの建物はガラスカーテンウォールと地域性のある木目の格子が組み合わされており、前庭には石の彫刻が置かれた広場があり、メインエントランスの外観の設計は47メートルにも達する先住民のトーテムポールと大きな船をイメージした帆船で、花蓮市のランドマーク的な建物となっています。国際的でモダンな中にも先住民のスタイルが感じられます。ガラスカーテンウォールの芸術的な花の彫刻から大型の先住民のトーテムポールである新ランドマーク、さらには館内の天井が高い場所にあるおしゃれなデザインなど、いずれも先住民のスタイルが色濃く感じられます。

    距離は約0.5 キロ,運転約2 分
  • 太魯閣国立公園

    太魯閣国立公園

    タロコ国立公園は緑豊かな山々と清らかな水に恵まれ、変化に富んだ景観を誇っている

    距離は約25.2 キロ,運転約40 分